口臭の原因とは?

口臭の原因って何?気になる口臭はこれでスッキリ改善!

口臭の原因改善で口臭を予防しよう

最近口臭もエチケットの一つとしてその予防が注目されています。
口臭は治らない、歯磨きしても消えないと思う人も多いのですが、しっかりとした対策と予防で改善はできます。
なかなか消えない口臭の場合はその原因と対策をしっかり行いましょう。

 

 

歯周病は口臭の一番の原因

口臭の原因のもっとも多いのが歯周病です、大便のような臭いですがこれは歯周病菌の発生させるガスにあります。
歯磨きしても歯周病菌が口の中から完全にいなくなることはないのでこの臭いはどうしても歯磨きしないと出てしまうのですが、
最近はこの歯周病菌の対策に着目した歯磨き粉が話題です。
従来は

 

口臭の原因は腸内の物質が原因?これってホント?

 

口臭って確かに大便のように口が臭い場合があるのですが、このニオイってもしかして大便と同じなの?って誰でも一度は考えたことがあるかもしれません。

 

 

口臭に困っている人たちは、腸内環境を意識してみる必要があるかもしれません。 口臭が大便のような臭い・・・と言うのなら、是非ここの部分を疑ってみてください。そして汗はすっぱくて、アンモニアの臭いだと言います。

 

腸内環境が悪化すれば、悪臭物質が増え肝臓機能が低下して、口臭など作り出すことになります。肝蔵の機能が低下して口臭が起こる、つまり腸内環境をまずはしっかり整えなければならないと言うことです。

 

日本人って結構口臭が昔の人たちと比較してもひどくなって来ていると言われています。もちろんここでも腸内環境が悪化していると考えることが出来ます。なぜ腸内環境を悪化させてしまうかと言えば、欧米化が進み、肉中心の食事が多くなって来ているせいと言われています。食物繊維など意識して積極的に取らないから、腸内環境がどんどん悪化して行くことになります。腸内環境が悪化して、 悪い血が作られていくことになります。そして血管の老化、腸、肝臓機能の低下が著しく顕著になります。

 

低下そこが、体内にアンモニアやインドールなどの悪臭物質を発生させる大きな要因です。血管から血液に混じり合い、全身をめぐり、口臭として排出されることになります。

 

そしてもう一点注意をしなければならないのは、機能が低下することで、必然的に免疫を低下させてしまうことです。雑菌から私達をしっかり今まで守ってくれていた常駐菌の働きも格段悪くなってしまうことになります。

 

便秘で悩んでいる人たちも多くいらっしゃるでしょう。そのような人たちは特に注意をしなければならないと言います。腸内フローラのバランスが崩れることで、より腸内環境を悪化させる要因となっているためです。便を長時間腸内に留めさせないと言うのが腸内環境を整えて、口臭を出さないようにする為に有効的方法です。かつ、
善玉菌を増やして腸内環境を守ってもらうようにしていただきたいものです。 食物繊維の効果で排便を促しましょう。乳酸菌の効果で腸内の善玉菌を増やす努力をしてください。オリゴ糖は善玉菌をサポートしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ